自分には似合わないけれど着てみたいファッション

ファッションっていうのは、自分を表現する方法の一つだと思います。

自分には似合わないけれど着てみたいファッション

ファッションっていうのは、自分を表現する方法の一つだと思います・・・[女性 40歳]

自分には似合わないけれど着てみたいファッション
ファッションっていうのは、自分を表現する方法の一つだと思います。そして、自分が気持ち良い状態でいることができるよう、好きなファッションに身を包みたいとも思います。
でも、身長や顔かたち、雰囲気などで似合う服と似合わない服があるのも現実です。

私は普段はカジュアルな格好が好きで、それもボーイッシュないでたちに憧れるのですが、身長が低く女性っぽい体型なので、そういう格好がどうもしっくりいきません。
古いフランス映画で「なまいきシャルロット」という作品がありますが、主人公のシャルロット・ゲンズブールがリセエンヌらしくボーダーTシャツにストレートジーンズというシンプルなファッションをしているのですが、これに憧れて手持ちのアイテムで挑戦したことがありますが、鏡に映った自分は何だかとてもチンチクリンで悲しくなりました。
ああいうシンプルなファッションは、手足が細く長くないと似合わないのだと、がっかりしたことを覚えています。
大人になってからも、パンツスーツなどでキャリアウーマンっぽいファッションに憧れたのですが、着てみたいけど似合わないのがメンズライクなテイストだと学びました。

オススメワード

Copyright (C)2017自分には似合わないけれど着てみたいファッション.All rights reserved.