自分には似合わないけれど着てみたいファッション

勇気を出して、初めて同窓会に行こうかと思ったけれど、着て行く服が無く、お洒落な友人宅でブランド物を頭のてっぺんから爪先まで纏ってみたけれど、ガッカリするほど似合いませんで

自分には似合わないけれど着てみたいファッション

勇気を出して・・・[女性 35歳]

自分には似合わないけれど着てみたいファッション
勇気を出して、初めて同窓会に行こうかと思ったけれど、着て行く服が無く、お洒落な友人宅でブランド物を頭のてっぺんから爪先まで纏ってみたけれど、ガッカリするほど似合いませんでした。
結局、普段着なれない洋服を着ても、洋服を着ているのではなく洋服に着られているように見えるみたいです。

それでも、シンプルでもどことなく洗練されたデザインのファッションが憧れです。
仕立ての良い上品なファッションに身を包み、11センチ以上の高さのあるパンプスを何食わぬ顔をして履きこなしたいと思うわけです。
そんな恰好の好いファッションは、今までしたことがありません。どう見ても、自分には似合わないと分かっているからです。

有名な海外ブランドに身を包み、それが似合っていたら外出も楽しみになると思うのです。
友人とたまに会ってランチをしたりするのですが、お洒落なブランドファッションが似合っていれば、ランチに行くお店も違ってくるのです。
誰でも行ける庶民的な食べ放題のお店ではなく、老舗料亭でのランチであるとか、高級ホテルのランチとかに行っても、お店の方もレディ扱いしてくれると思うわけです。

自分には似合わないけれど、日常的に有名海外ブランドの洋服を颯爽と着こなしてみたいです。

Copyright (C)2017自分には似合わないけれど着てみたいファッション.All rights reserved.